財政部

財政活動は、組織を支える大切な役割があります。

仲間の仕事と暮らしを守るため、組織の強化・拡大を目指すことを基本に現行の組合費を維持しながら、組合員一人一人から納入された貴重な組合費を最大限に生かすことが大切です。

そのためにも組合全体の運営を念頭に適切な財政管理と運動に効果的な予算執行で組合の信頼と結集を高め運用に努めていきます。

(1)一斉積立ぜんけんあいち

「一斉積立ぜんけんあいち」について

●組合員全員が対象です

「一斉積立ぜんけんあいち」は、組合員さん全員が対象の積立制度です。

●積立は毎月2,000円

積立金額は、毎月2,000円。組合費等と合わせて毎月27日に自動引落しとなり、元金12万円(5年間/60ヵ月)に達した時に、自己判断により、積立を停止させることが可能です。また12万円超過分は返金可能です。

●帰属は全建愛知名義ですが、個人の積立です

この積立は、東海労働金庫にて全建愛知名義の定期預金「一斉積立ぜんけんあいち」に預入れし、残高をご通知いたします(4月末発行)。また必要に応じ組合にご連絡をいただければ残高をお知らせします。

同意書の積立金区分の選択により事業所資産となる場合があります。

●組合脱退時までお預かり

この「一斉積立ぜんけんあいち」は、通常の銀行積立とは少し違います。基本的には、組合脱退時までお預かりとなります。積立金の返金は、脱退書類受理後おおむね、3~4ヵ月後に返金いたします。但し、組合脱退時に組合等に債務(滞納等)がある場合には、この積立金を利用して返済していただきます。

※事業所または従業員が全建愛知に対し滞納等の債務がある場合については連帯で責めを負うものとします。

このページの先頭へ