全建愛知とは?

組織部

全建愛知(全愛知建設労働組合)は、愛知県に住んでいる(働いている)建設労働者・職人が作った組合です。1972年(昭和47年)78人で発足。建設労働者・職人の健康、生活、仕事を守るため団結と運動を通じ、「数は力」を合い言葉に仲間を増やし、現在1万1,000人を超える愛知県で一番大きな建設組合に成長しました。

全建愛知では、おおむね行政区ごと、地域ごとに支部を構成しています。各支部では独自の行事に取り組み、組合員同士の交流を深めて仲間作りを進めています。また、組合の様々な活動、要求実現への運動に取り組み、団結を強めています。

私たち全建愛知の上部団体であります全建総連(全国建設労働組合総連合)61万6,000人は、日本の労働組合の中でUIゼンセン同盟・自治労・自動車総連・電機連合に次いで5番目に大きい組織に位置しています。組織が大きければ、国や行政・各業界・地域などに多大な影響力を持ちます。私たち建設職人の一人ひとりの小さな声が、国をも動かす大きな声になるよう、組織部は仲間を増やす運動、組織拡大に取り組んでいます。

(1)仲間を増やし、組合を知ってもらう(組織拡大)

国内における建設業就業者数は、502万人(平成28年総務省発表)です。その内、全建総連傘下の組合員は、61万6,000人で12%程の組織率です。そこで、組合を知ってもらい、もっと仲間を増やすため、組織拡大行動を行っています。

(2)仲間との交流を深める(青年部や主婦の会)

青年部

40歳以下の男女組合員で構成される青年部は、各種レクリエーションをはじめ、技術技能の講習(青年技能競技大会)、学習などを通じて仲間づくりと団結を高め、組合運動の先頭に立って、いきいきと活動しています。

主婦の会

暮らしのことやお父さんの仕事、子供たちのことを話し合い、組合運動を助けるために力を合わせて活動しています。また、日帰り見学会や学習会、講習会など、活発に取り組んでいます。

シニア倶楽部

私たち、シニア倶楽部は、75歳以上の組合員で構成されています。

シニア倶楽部は、組合員同士の交流の場として、研修旅行などを通じ、お互いの親睦を深めることを目的としています。また、建築技術伝承のため、長年培った技術を活かし、後進の技術指導にも協力していきます。

苦しいときも仲間同士、助け合い・協力し合いながら、元気に活動していきます。

今後も、健康を第一に生涯現役の建築職人として活躍できるよう、日々励んでいきます。

 

このページの先頭にもどる

コンテンツメニュー

あなたの仕事と生活を守ります

全建愛知とは?

加入するには

健康保険

労災保険

組合共済制度

健康診断

各種講習会・試験日程

トピックス

よくある質問

支部ニュース