全建愛知とは?

社会保障対策部

(1)国保組合特別助成金等の確保の運動

中建国保を含む国保組合は、国庫からの助成金を受けて運営されています。国保組合に対する助成金の予算を満額確保するため、組合員の皆さんのご協力とご理解のもとで、ハガキ要請行動(年2回)、中央省庁への要請行動、中央総決起集会や地元選出国会議員への要請行動など、活発に取り組んでいます。

(2)集団健康診断と特定保健指導(中建国保加入者のみ。実費負担なしで受診できます)

組合の集団健康診断は、病気の早期発見・早期治療を目的として開催しています。(受診は中建国保に加入する本人と20歳以上の家族被保険者に限る)

平成20年4月より始まった特定健康診断および労働安全衛生法の必須項目を含めた内容で健診を実施しており、40歳以上の特定健康診断対象者の受診率向上に取り組んでいます。また、組合契約医療機関へ予約することで、平日でも集団健康診断と同内容の健診が受診できます。

また、特定健康診断の受診結果からメタボリックシンドロームに着目し、その要因となる生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病患者・予備群を減少させる取り組みをしています。生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

(3)家庭常備薬等の斡旋(有償)

組合員の皆さんの疾病対策および健康管理の一環として、家庭常備薬等の斡旋をしています。

このページの先頭にもどる

コンテンツメニュー

あなたの仕事と生活を守ります

全建愛知とは?

加入するには

健康保険

労災保険

組合共済制度

健康診断

各種講習会・試験日程

トピックス

よくある質問

支部ニュース