全建愛知とは?

共済福祉部

共済福祉部は、全建愛知独自で運営する共済のほかに、全建総連・全労済・民間保険会社等と提携をして、さまざまなタイプの共済を導入し、組合員さんの選択肢を広げ提供し、共済福祉活動を推進しています。

職人の世界では、仲間が『不時の災難』にあった時は、みんなで助けていくという習慣が長く続いていました。このような『助け合い』を近代化、組織化したのが共済制度になります。

一人一人の組合員さんが主人公となり、リスクを負った仲間を支え生活をサポートできる体制作りを目指すことが、各種共済の加入拡大と共済制度改善につながっていきます。

助ける側にたつ組合員さん達がいるからこそ、助けられる側にもたつことができるのです。

みなさん、『助け合い』をモットーにして、組合活動に役立てて行きましょう!

共済福祉部で扱っているもの

(1)全建愛知独自共済

みなさんの組合費月額2,400円のうち600円を共済掛金として、死亡弔慰金(本人・配偶者・子・親)、住宅災害見舞金、入院手当金、成人祝金、結婚祝金、出産祝金、小学校入学祝金、中学入学祝金、敬老祝金、青年部層資格取得祝金などの制度を運営しています。

共済の給付は、本人の申請が原則です。諸制度を日頃からよく知って組合の制度を充分活用していただきたいと思います。

(2)国民年金基金

サラリーマンとの年金額の差を解消するために、老後の生活を考えた老齢基礎年金(国民年金)に上乗せする厚生労働省認可の「節税型」公的年金です。掛金は、加入時年齢と将来の年金受取額をご自分で設定していただきます。

(3)年金共済“まごころ”

低水準の国民年金、それを補完していくため、建設職人の生活に根ざした、全建総連独自の拠出型企業年金保険です。掛金は「月払方式」で1口5,000円から最高20口までご加入いただき、ご都合に合わせて年2回、1口10万円単位で掛金を積増していく「一時払積増」が併用できます。また、必要なときに20万円以上1万円単位での一部引出し・解約がいつでも自由にでき、ご予算と生活設計に合わせてご利用いただけます。

(4)全労済

全労済は厚生労働省の認可を受けて共済事業を行う協同組合です。共済事業とは生活を脅かすさまざまなリスクに対し、相互扶助の精神で保険のしくみを使った事業です。

全労済には、「住まいる共済」「マイカー共済」「こくみん共済」などがあります。

(5)自動車保険・がん保険等保険の推進

提携した保険会社の「がん保険・医療保険」、「自動車保険」等各種保険も取り扱っています。

(6)特別割引券配布

組合員さんとご家族の福利厚生を目的に「ナガシマジャンボ海水プール(プール期間)」・「ラグーナテンボス(通年)」の特別割引券を配布しています。

ご家族そろって楽しい一時をお過ごしください。

このページの先頭にもどる

コンテンツメニュー

あなたの仕事と生活を守ります

全建愛知とは?

加入するには

健康保険

労災保険

組合共済制度

健康診断

各種講習会・試験日程

トピックス

よくある質問

支部ニュース