トピックス

魅力ある住宅技術を高める

受付中 建設キャリアアップシステム【19.02.26】

建設キャリアアップシステムとは…

 いよいよ今年4月から建設キャリアアップシステム(CCUS)の本格的な運用が始まります。

 建設キャリアアップシステムは、業界統一のルールで技能者一人ひとりがどのような保有資格(技能)を持ち、どのような現場で実績を積んだのか(就業履歴・経験)を1枚のカードに蓄積していくことで、技能や実績を「見える化」し、適切な評価や処遇改善、工事の品質向上や現場の効率化の実現を目的としています。

特徴

 建設キャリアアップシステムに登録すると技能者l人ひとりに建設キャリアアップカードが交付されます。
 
 建設キャリアアップシステムに登録する事業者の現場で入場時にカードリーダーでカードを読み取ると就業履歴が自動に蓄積されます。

特徴

 取得した資格や技能、就業履歴を簡単に証明できます。

特徴

 保有資格や蓄積される就業履歴等により技能者レベルを評価。

 客観的に技能者の能カレベルが証明されることで処遇の改善を期待できます。
 (現在、技能者の能力評価基準・レベル分けを国交省で検討中)

特徴

 就業履歴により建退共手帳への証紙の貼付け枚数の確認が確実かつ容易になります

技能者の登録料

インターネット申請の場合→2,500円

※2019年3月までは、2,000円に割引

郵送・窓口申請の場合→3,500円

このページの先頭にもどる