トピックス

共済と福祉

終活の第一歩 〜共済福祉部勉強会〜4【17.12.26】

自分にもしものことがあったときのために

講習会の様子  共済福祉部は11月11日(土)、全建愛知会館にて、勉強会「エンディングノートの書き方」を開催し、41名の参加者がありました。

 日本エンディングサポート協会の佐々木悦子講師のもと、エンディングノートを書くことで、改めて自分の人生のプロフィールを振り返るきっかけとなりました。家族とのつながり、思い出を記入することで、「もしも」のとき家族が困らないように自身の気持ちを伝えることで、これからの人生「あせらず」「あわてず」「あきらめず」終末期まで自分らしく過ごすことができます。

 生前から準備をしておく事の大切さを教えてくださり、有意義なひと時の勉強会でした。
【安藤かね子 記】


このページの先頭にもどる