トピックス

共済と福祉

年金共済「まごころ」【14.12.03】

計画的な積み立てを

 年金共済「まごころ」は全建総連が実施する拠出型企業年金保険です。相互扶助の精神に基づき、公的年金の補完、組合員さんの老後の生活安定を図ることを目的とした、貯蓄型の保険です。
 払込掛金は税法上、生命保険料控除(一般用)になります。

まごころの特徴

1.60歳から70歳までの間に年金受取開始を選択できます。

2.年金の種類は6種類。受取時に選択していただきます。(一時金として受取ることも可能です)

3.掛金とは別に年2回、1口10万円単位で一時金の積増ができるので、将来の受取金額を増やすことができます。また、加入中に所定の事情が生じた場合、積立金の1部を引き出すことができます。(1回あたり20万円以上1万円単位)

加入対象

 新規加入は随時受付しています。

 満18歳以上満67歳以下までの組合員さんとその同居のご家族で、定年までの予定加入年数が満3年以上の方です。

 1口5千円、最高20口(10万円)まで掛けていただけます。

 今回、次の期間で一時払積増の受付をいたします。

一時払積増期間

平成26年12月10日〜平成27年3月10日

※各期間中に1回ずつ積増ができます。

老後のゆとりを育てるには計画的に積立ていくことが大切になります。

お問い合わせ

新規加入・一時払積増、その他詳しくは、健康保険共済課/山田までお問い合わせください。

このページの先頭にもどる