支部ニュース

木曽川支部

木曽川支部/南信州りんご狩りの旅【11.09.26】

お土産いっぱい大満足

梨の木の下でハイチーズ  晴天に恵まれた9月11日(日)、木曽川支部はバス2台総勢77名の参加者で、南信州りんご・梨・巨峰・ベジタブル狩りへ行ってきました。

 午前8時、高橋正子県議会議員に見送られ、木曽川町役場を出発しました。

 車中では、カラオケで盛り上がりながら中央道を順調に走り、最初の目的地、伊那みはらしファームに到着しました。

 そこは、南アルプスの山々に囲まれた大自然の中にあり、広大な牧場や農園などある施設です。

 農園で獲れた新鮮な小松菜の詰め放題など楽しい企画に挑戦したものの、なかなか思うようにビニール袋に入らず悪戦苦闘しました。

 また、帰りには5〜6個のジャガイモをお土産でいただきました。
 
 駒ヶ根で昼食を済ませ、松川では、りんご・梨・巨峰狩りを体験しました。
 
 しかし、食後ということもあり甘いフルーツはあまり食べれませんでした。

おやき作り頑張っています  その後、お菓子の城とそばの城に寄りました。
 
 そばの城では、おやき作り体験と、本場の信州そばをいただきました。さすが本場とあって、そばの香りと喉ごしが絶品でした。
 
 参加された方から「行く先々で両手いっぱいのお土産をいただき主婦にとって大満足」と、喜びの声をいただきました。
 
 帰路の車中では、DVD観賞を楽しみ、支部レクは無事終えました。
【松岡義春 記】

このページの先頭にもどる