組合共済制度

組合共済

『組合共済』は組合に加入すると全員の方が共済給付の対象となる制度です。毎月27日に引落される組合費2,400円のうち600円が組合共済掛金となります。組合に加入すると組合共済に自動的に入るようになっています(掛金は組合費の中に含まれています)。その際、「全労済/出資金100円」が含まれますが、脱退時には全労済より返金されます。

慶弔や休業時などに給付の対象となる組合独自の共済制度です。

制度の内容

組合支給分

(事由発生より2年以内に申請してください)

共済の種類 給付の内容 共済金
死亡弔慰金※1 配偶者 法に定められた配偶者
100,000円
生計を一にする未婚の子
50,000円
配偶者の親を含む
15,000円
成人祝金
本人が20歳に達したとき
10,000円
結婚祝金 本人が結婚したとき
20,000円
出産祝金
本人または配偶者が出産したとき
10,000円
小学入学祝金 子が小学校へ入学したとき
10,000円
中学入学祝金
子が中学校へ入学したとき
5,000円
敬老祝金 本人が70歳に達したとき
10,000円
青年部層資格取得祝金※2 本人が資格※3を取得した時
10,000円
入院手当金
※1・※4・※5
60歳未満
(〜59歳)
本人が連続して2日以上入院した時
1日につき
5,000円
60歳以上
(60歳〜)
1日につき
3,000円

※1 戦争その他の変乱、テロ、地震、噴火または津波等の災害により、給付超過等が見込まれる場合の給付については、「全建愛知災害見舞内規」に準ずる。 ※2 対象者…資格取得日時点において40歳以下の組合員。 ※3 対象資格…一級・二級建築士、木造建築士、設備設計一級建築士、建築設備士、構造設計一級建築士、一級・二級技能士、一級・二級施工管理技士、第一種・第二種電気工事士(建設関係に限る) ※4 年度を単位として入院1日目から最高20日を限度として支給。
(年度とは、4月1日〜翌年3月31日まで1年間とする)
※5 加入後90日を経過した組合員が対象。

全労済支給分

(事由発生より3年以内に申請してください)

共済の種類 給付の内容 共済金
本人死亡弔慰金※6 自殺を含むすべての死亡
1,000,000円
重度障害見舞金※6 本人が廃疾になった時
1,000,000円
住宅災害見舞金
火災等
(火災・破裂・爆発・航空機の墜落)
全焼・全壊
200,000円
半焼・半壊
180,000円以内
一部焼・一部壊
60,000円以内
自然災害 風水害等 全壊・流失
60,000円
半壊
30,000円
一部壊
6,000円以内
床上浸水
30,000円以内
地震・噴火等 全壊・流失
20,000円
半壊
10,000円
一部壊
2,000円以内
床上浸水
―――
同居親族の死亡(1名につき)
20,000円

※6 重度障害見舞金が給付された場合、本人死亡弔慰金は不支給。

受給資格

全労済支給部分の給付、組合支給部分の給付を受ける権利は、組合加入申込書が受理され、組織加入・異動報告書により全労済へ登録された日より発生する。組合支給部分は事由発生より2年以内、全労済支給部分は事由発生より3年以内を申請期限とし、組合費等の滞納がある場合、組合支給部分に関する支給を停止することができる。申請期限経過後の申請は無効となります。

証明

祝金 戸籍謄本、住民票、婚姻受理証明書、運転免許証、健康保険証、就学証明書、母子手帳の出生届済証明書などの写し

弔慰金 戸籍謄本、除籍謄本、死亡診断書、会葬礼状などの写し
家族の弔慰金は、続柄と死亡日がわかる公的証明が必要。

入院手当金 担当医の証明(休業期間がわかるもの)の原本

不支給事項

  1. 業務上(仕事)によるもの
  2. 第三者加害行為(暴力行為による負傷、ペットによる負傷、食中毒等)によるもの
  3. 自殺行為・自傷行為等によるもの
  4. 交通事故等によるもの
  5. 犯罪に起因するもの
  6. 検査入院及び、日帰り入院等1日のみの入院によるもの

このページの先頭にもどる

コンテンツメニュー

あなたの仕事と生活を守ります

全建愛知とは?

加入するには

健康保険

労災保険

組合共済制度

健康診断

各種講習会・試験日程

トピックス

よくある質問

支部ニュース