「フルハーネス型墜落制止用器具特別教育」開催

 平成30年6月19日、労働安全衛生規則の改正により、高所作業を行う場合には、原則として平成31年2月1日から、フルハーネス型墜落制止用器具(安全帯)を使用すると共に、高さが2メートル以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、フルハーネス型を使用して行う作業(ロープ高所作業を除く)には、特別教育が義務づけられました。
 組合では、この業務に従事する者を対象とする「特別教育」を下記のとおり開催することといたしました。
 この機会に是非受講されますようご案内申し上げます。
 なお、組合では、一部省略のカリキュラムは実施しません。6時間のカリキュラムになります。

■開催日時
  2021年10月8日(金)午前9時30分~午後5時(休憩含む)

■会場
  全建愛知会館

■対象者
  満18歳以上で高さが2メートル以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、フルハーネス型を使用して行う作業(ロープ高所作業を除く)をされる方。

■受講料
  7,000円(テキスト代含む)
  ※但し、受講者が組合員外の場合 9,000円

■定員
  25名(定員になり次第締め切ります)

■申込・問合
  全愛知建設技術講習センター
  ℡052-659-0288

フルハーネス特別教育の様子

このページの先頭へ