「足場の組立て等の業務に係る特別教育」開催

 平成27年7月1日施行の労働安全衛生規則の一部改正に伴い、足場の組立て、解体又は変更に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業を除く)が、特別教育を必要とする業務に追加され、これらの業務に従事される方は特別教育の受講が義務付けられたことにより、当組合では下記により本特別教育を開催することといたしました。
 対象となる方は、この機会にご受講いただきますようご案内いたします。
 「足場の組立て等の業務に係る特別教育」は、建設キャリアアップシステムにおいて、建築大工・左官職等12職種で登録する方が、中堅技能者に当たるレベル2または熟練技能者にあたるレベル3を取得する上で必要な資格となります。これまでに何十年と経験を積んできたベテラン職人であってもこの資格が必要です。入職したての若い職人が今後ステップアップするためにも必要な資格となります。1つでも上のレベルを目指すことが適正な評価を受け、ご自身の処遇改善に繋がります。

■開催日時
 【1回目】
  2021年7月28日(水)午前9時30分~午後5時(休憩含む)
 【2回目】
  2021年9月29日(水)午前9時30分~午後5時(休憩含む)
■会場
  全建愛知会館
■対象者
  満18歳以上で、足場の組立て、解体又は変更の作業に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く)に従事している方。
■受講料
  7,000円(テキスト代含む)
  ※但し、受講者が組合員外の場合 9,000円
■定員
  25名(定員になり次第締め切ります)
■申込・問合
  全愛知建設技術講習センター
  ℡052-659-0288

足場の組立特別教育の様子

このページの先頭へ